大人の関係を求めてる女性の心理・特徴・セフレテクニックとは

タケゾウです。

30代40代ともなると生活に余裕が出てきて、大人の関係を持ちたいと希望する人も増えています。

若い頃のように弾けたい気持ちはあるものの周りの目が気になって行動できない慎重派もいれば、性衝動が抑えきれずにガツガツ責めていった結果、コッソリ大人の関係を築ける本能のおもむくようにセフレを作る人たちも俺の周りには普通にいます。

ハッキリ言って、セフレがいる人といない人とでは、若々しさが全然違います

スケベ心は持っていても実物の女と過ごす時間が持てないと、カッコよさを維持する気持ちも薄れていって、枯れていく一方です。

大人の関係は気持ちが通じること

体のつながりだけだったら風俗でも良いわけです。

でも風俗じゃ単発で遊ぶだけであり、お金はかかるし本番もできず、タダマンにならないのなら効率が悪すぎます。

そして、気に入った女の子となら二度三度と同じように会えるほうが気楽になれます。

毎回初めましての人間と会うっていうのは緊張感が出てしまいますから、慣れた人相手のほうが一から説明しなくても良いですし、性癖も理解できて、色々と楽なんです。

つまり、体で繋がる前提に気持ちの繋がりがあったほうが2時間でも3時間でも遊んでいたくさせてくれるんです。

せっかく捕まえた子となら時間無制限で何度でもエッチしたいですよね。

しかも、プライベートなところまで踏み込んでくる心配もないセフレの関係なら煩わしいこともありません。

セックスが上手い必要はない

よく勘違いされがちですが、大人の関係を持つには「金持ち、イケメン、セックスが上手い」でなければ不可能だという幻想です。

そんなの揃ってる人なんてそうそういないのに、セフレがいるって男性は街中にも普通にいます。

もちろん「貧乏、ブサイク、セックスが下手」では厳しいものがありますが、並みであれば十分ですし、相手だって人間なんですから結局のところは性格や相性が合うかどうかです。

女性から見ればどんなに金持ちでイケメンでもモテない男性はいるんです。

セックスは上手くても乱暴に感じただけで毛嫌いされる人だっています。

「彼氏の悩みを聞いてくれてるうちに良い雰囲気になってそのまま・・・」「仕事のグチを聞いてくれて、癒しが欲しかった・・・」みたいにその女性が求めるものとマッチすればそれだけでも良かったりします。

女性が何を求めているのか?

男性は本能的に常に射精することを考えていてもおかしくないですが、女性だって溜まります。抱かれていないと瑞々しさが失われて枯れていくのを知っているんです。

エッチしてない女の子はフェロモン分泌もされにくくてますます男が近づいてこない体になっていきますし、エッチしてる子はどんどんエロいスタイルになっていくものです。

何よりも自信に繋がっていきますよね。

それは女同士のコミュニケーションでも大きく左右されます。

抱かれてない女の子は惨めな思いすら感じます。

本当は抱かれたいのに相手がいないから1人でオナニーするしか無い子だってたくさんいます。

都合の良い女としてすら使ってもらえない、自分に魅力が無いから、と言って諦めすら感じる子だっているのに、男性たちも相手にしてあげないのは勿体ないことです。

羞恥心がありますから人前で「私とエッチしてください」なんていうことも言えず、どうすればいいのかも分かってなかったりします。

ある調査によると、約15%の女性が「セフレを作りたい」と思っているデータすらあります。

しかもそれが30代以上で多いのも理由があって、女性は30代から性欲が高まっていくと言われてるからです。

年齢を重ねることで社会経験も豊富になることで余裕も出てきて、イク体験を知ってしまった子たちほど「あの快感をもう一度」と欲するようになりがちです。

大人の関係を求める女性の特徴4つ

【家庭環境が良くなかった女の子】

最近増えているんですけど、子供時代に親の離婚や家庭の不和があったり、愛情に対して困窮してきた子ほど愛人やセフレ願望があるようです。

彼氏や夫がいても不安や不満が常に襲ってきて、1人の時間を持ちたくない思いから男性への依存も加わってセフレで良いから連絡を取りたいというケースです。

【とにかく寂しがり屋な女の子】

リア充に憧れたり毎日の予定が埋まらない子もその傾向にあります。

家に1人でいる時間が耐えられなくて、平日朝用の男、土曜日限定のセフレ男子、みたいに何人も囲っておいて1週間を常にスケジュール一杯にしていた女の子を見たことがあります。

抱かれている自分が好きだとか忙しそうな私って素敵、みたいに感じるみたいです。

【女子コミュニティしか所属していない】

例えば趣味やサークルでだったり、女子高育ちだったり、気が付いたらいつも女子だけのコミュニティにしか所属できてなかった子ほど最初は壁が厚かったりしますが、一旦外れてしまうと一気に溢れるように男を求めるようになります。

彼女たちの場合は、単純に知らなかっただけなんです。

隔離された世界で生きていたのが、一気に解放されていく感じですね。

【スマホ依存している女の子】

これはガラケー時代からそうだったのですが、いつも連絡が入ってこないと落ち着かない依存症気味の女の子も多いのです。

メル友を作りたがる女性は男性よりも遥かにいて、「誰からもLINE来ない・・・」「除け者にされてる気がする・・・」っていう子ほど寂しさを忘れるためにネットで24時間出会いを何人も求めがちです。

スマホだと見やすい作りのサイトも多くなったので怪しさも薄らいで、それまでなら抵抗があったような女性たちもいつも弄っていれば扱いも慣れてますよね。

世間的にもセックスへのハードルが下がってる

芸能人やアイドルのニュースを見ていても「不倫」「愛人」「浮気」などのワードを見かけることが多いこともあって昔よりもよっぽど身近なところに感じさせてますよね。

女の子が3人も集まれば大抵はそういう話をしてるので、エッチな話題も出やすくて、そこで出てくるのが「恋バナ」「男性遍歴」などです。

話のネタが無くていつも聞く側になってる子はコンプレックスを持ちます。

周りからそういう話を聞かされるほどハードルも下がってきて、男と2人で会うことすら平気になってくるんです。

セフレの始まりは心のフレンドから

編集部の中ではみんなセフレがいたりするのでよく分かるんですけど、共通して言えるのがこれです。

セックス目的ではあるものの、最初からエッチな声掛けをしてるわけじゃないです。

最初のきっかけになるところは些細なものだったり、女友達を作る感覚から始めていて、結果的にセフレになっていたという流れです。

昔のナンパとかだとあったのかもしれませんが、今どきいきなり「ねぇねぇ、俺と今からエッチしない?」って声かけて成功することなんてあり得ないです。

そんなので付いてくる女は相当頭が沸いてる子です。

友達としての会話から入ってるほうが自然に和みやすくて、ホテルに入ってからも話題が途切れにくいので滞在時間も引き延ばせて、結果的に2発3発とヤラせてくれるようになります。