セックスの順序その2(オッパイ~性器編)・上達テクニック

編集部のタケゾウです。

前回のセックスの順序その1(出会い~キス編)に続いてセックスの順序その2です。

キスから体の性感帯まで手と舌を使って愛撫していくところまで行きましたが、今回は胸の揉み方から進んでいきます。

男性から見れば女性の最も魅力的に映る部位ですよね。

オッパイが嫌いな男性なんて聞いたことないですし、100%全員がオッパイ好きだと言えると確信できるほどで、むしろオッパイのために男たちは金を稼いでるんじゃないかと思ってます。

スペンス乳腺がオッパイの感じるところ

1年前にセックスした後の雑談で女の子から聞いたことあるのが「スペンス乳腺」というやつです。

それまであまり有名でも無かったんですけど、オッパイのGスポットとも言われるほど感じやすい箇所らしいのです。

基本的に女性はオッパイを揉まれても100%気持ちいいとはなりません。

男のためだけみたいです。

俺もこう言われたときはちょっとショックだったのを覚えていますが、他の性感帯を刺激されてるから気持ちよくなっているだけだったり、男が求めてくるから仕方なく合わせてただけとまで言われました。

「スペンス乳腺」の場所がどこなのかというと、オッパイの下側ですね。

この図の場合だと、胸の下にある親指から人差し指の湾曲部分です。

正確には、ワキ下から乳首下までのサイド部分です。

なのでワキがくすぐったいのと重なる微妙な場所だったこともあり今まであまり知られることもなく、揉まれる女性側も「この感覚はくすぐったいの?」「それとも感じてるの?」と曖昧だったりするんです。

しかし、この場所こそが「オッパイのGスポット」と言われているんですから、ツボを押さえるみたいな感覚であり、一朝一夕でマスターできるテクニックでもないのは分かるはずです。

実際の経験で女の子がどんな反応をされるのか実験してみるしかないです。

スペンス乳腺の責め方としては、後ろから揉んでいくパターンですね。

ワキの下からゆっくり胸を持って、体の中心に向かって寄せるイメージで優しく刺激していきます。

一般的にオッパイでの性感帯の感じやすい順序としては、

1.乳首

2.スペンス乳腺

となるので、もし乳首があまり感じない子だった場合、スペンス乳腺への刺激をしてみることで感じさせることができるかもしれません。

手と舌を使って愛撫していきましょう。

スペンス乳腺は焦らすときにも効果的です。

いきなり乳首では勿体ないです。

最初は乳房を包むように触っていき、スペンス乳腺のほうに時間をかけて、乳首に触れそうで触れない焦らしをすることで時間を掛けて興奮させる効果を出せます。

女の子のほうから「乳首も触って・・・」「こっちも吸ってよ・・・」とお願いされるようにもなります。

乳首をゆっくり愛撫する

乳房から責めていったら、やがて乳首にいきますが乱暴に扱ってはダメです。

というか乱暴に扱うまでもなくビンビンに感じる部位なんですから。

男だと乳首責めをされてもさほど感じたりしないかもしれませんけど、チンチンの先っぽと同じくらいの感度があるんです。

そこばかり乱暴にされても痛いだけですよね。

だから、乳首も舌で湿らせながらネットリ感を出してゆっくり手で触れるだけで良いんです。

手コキされるのとフェラされるのとどちらが良いかの違いくらいあるんです。

手で何をするかというと、「指先でそっと触れる」「手のひらで転がす」くらいです。

中にはギュッとつまむのが気持ちいい子もいるので、そこはその女の子との相性で臨機応変に。

舌で舐めるときは優しく唇で挟んだり、舌先で転がすようにレロレロする感じです。

丁寧に歯で甘噛みするのも良いです。

絶対に力を入れ過ぎないように。

  • 唇で挟む
  • 舌で転がす
  • 吸う

を上手くしていくだけで女の子は濡らすようになります。

乳首を扱われてるときのイメージがそのまま後々クリトリスを責められるもこんな風にされるのかしらとリンクするように脳内で妄想されていくので、男性もそれを意識しながら乳首を扱ってあげます。

ちなみに乳房とは脂肪であり、それ自体に神経は少ないので「私、揉まれてる、恥ずかしいっ」っていう羞恥心があることでこの恥ずかしさが快感に繋がる子もいますが、乳首のほうが圧倒的に神経が集中してるので脳に響くように感じやすいのです。

下半身の愛撫の仕方

上半身の愛撫を堪能したら次は下半身に移っていくとは言え、断ち切ることなく自然な流れでいきます。

唇、首筋、耳、胸などがしっかり愛撫されていればすでにアソコは濡れているはずで、それは女の子も自覚しています。

男性がガマン汁を出すときのように、女性もジワーっと愛液が零れるようにアツくなってくるのが分かってますし、パンツから染み出ているのに自分からは恥ずかしくて脱げないのです。

なので、もし女の子がジーパンなどすぐ脱ぎにくい素材の服装を履いていたなら上半身の愛撫のときから自然な流れで脱がしておいてあげましょう。

いきなりマ●コに指を入れてはだめです。

勿体ないです。

思いきり焦らすんです。

ここまで唇、首筋、耳、胸への愛撫だけで十分に気持ちよくさせられてきたなら、同じように下半身もいきなり核に迫らずに

  • へそ
  • 足の付け根
  • 恥部の周り
  • お尻
  • 太もも
  • ふくらはぎ
  • 足首
  • 足の裏
  • 足の指

など性感帯の発掘作業をしていきます。

大半の男がこれらをせずにマ●コに一直線に向かうので、女の子は下半身の気持ちよさが半減しているんです。

彼女自身もそんなところに快感を覚えたって経験が無かったりします。

上半身と同じように、下半身でも手と舌を使って、反応がある部分を探しながら丁寧に愛撫します。

そうやって時間を掛けて焦らしていくんです。

次第に、彼女のほうからあなたの腕をつかんでマ●コのほうに持ってくることすら出てきます。

女性器を弄ってあげる

散々焦らされてきたマ●コはすでにジュブジュブになっているはずです。

パンツをズラすも良し、脱がせるのも良しです。

中指で局部の周りのマッサージをしていくと、あるポイントで体が大きくビクンっと反応するので、そこが弱点です。性感帯ですね。

男性のほうも明らかに反応が見られるのでポイントを覚えておいて、しっかり弄ってあげます。

優しくギュッと押して圧迫したり、こすってみたり、円を描くように回したりします。

穴に指を入れるのもまだ早いです。

中指で撫でるのは、穴の入口にあるビラビラの大陰茎と小陰茎、そしてクリトリスです。

クリトリスの場所は、穴の前面です。後ろが肛門であり、足を開いたときに上側になるところに存在している豆型の小さな突起物がクリトリスです。

男性で言えばチンチンと同レベルの性感帯であり、どんな女性も確実に弱点になる部分です。

クリトリスも勃起します。

今までここを弄って感じないと言われた記憶なんて無いほどですし、逆に言えば、クリトリスは刺激を感じやすすぎるので、本当に慎重に扱うべきです。

爪は切っておきましょう。

バイ菌も厳禁です。

クリトリスを乱暴に扱うというのは、すなわちチンチンを殴られてるのと同義というほどダメージを感じるので、気持ちいいどころではなくなることすらあります。

クリトリスは愛液でヌルヌルにできるので、下から上に向かって優しく撫でるイメージです。

クリトリス自体でも上下左右または先端など本当に感じる性感帯の場所が人によって変わります。

また、サイズは女の子の個人差もありますが、皮を被っているのでゆっくりめくるように動かしていくとクリトリス本体が丸見えになるので、手や舌を使ってそっと触れるように扱います。

いきなり皮をめくって直で触るのは刺激がありすぎて痛みすら起こるので、事前作業は重要です。

ちなみに、手でやるのが「手マン」、舌でやるのが「クンニ」ですね。

クンニは唇でも包むようにしたり挟みながら舌も使います。

これだけでMAXの喘ぎ声を出しますし、体のビク付きがえげつないほどになったりします。

決して焦るな

経験が少ない男性にありがちなんですけど、自分が気持ちよくなりたいからと言って、グチャグチャにしすぎても女の子は痛がったりシラけるだけです。

余裕のない男、って見られがちですし、ダサいです。

イカせてあげたいから手の動きを素早くすれば良いのではありません。

男性だってオナニーするときに早くシコったところで痛いだけってことありますよね。

「AVでは高速手マンとかやって潮吹きしてるじゃん?」って思いそうなものですが、素人があれをやっても女の子からは「痛~~~い、ふざけんなバカ!」って思われるだけです。

あれは男優も女優も、それで飯を食ってるプロだからであって、演出としてやってるだけです。

普通の女の子があれでアヘることはまずないです。

あれの真似事をしてセックス中断となって、怒って帰られた経験もあるくらいです。

セックスではスピードは不要なんです。全ての動作をゆっくりしてあげるべきです。

何故なら女性はイクまでに20分くらい掛かるからです。

男性は平均でも射精まで8分くらいと言われてますので、女性に合わせてあげないと独りよがりだと思われても仕方ないですよね。

だからこそ愛撫に時間を掛けて、一定のテンポやスピードを保って、女の子の表情を伺いながら、じっくりと感じさせてあげるんです。

ただでさえイク経験をする女性は多くはないのに時間もかかるんですから、もしあなたがイカせることができるテクニックの持ち主だと分かってもらえたら、あなたの価値が上がるわけです。

愛撫はまるで総合格闘技

女性を愛撫するテクニックは単体の責めだけではないのです。

キスをしながら片手でブラジャーを外したり、甘い言葉をささやきながら上半身の性感帯を探し求めて、オッパイもただ吸ってるだけではダメで吸いながら手は下半身の開拓を、マ●コだけを集中的に弄るのではなくて空いている手で時々乳首も弄ってあげる、さりげない流れの中でスムーズにゴムを着ける、などなど合わせ技を常に変化させていきます。

あれこれやることが多くて忙しいのに、力を入れてはいけないので、職人仕事ですよね。

「この人、上手いな~」「コイツ、下手だな~」なんて感想は口に出して言ってくれません。

心の中でしか女の子は思わないので、客観的評価が分からないのがセックスなんです。

やはり経験を重ねるしか無いんですよね。

  • 経験の中で女の子がどういう反応を見せてきたか?
  • イクときとイカないときの違いは何だったのか?
  • 喘ぎ声を出した瞬間はいつだったか?
  • 性感帯はどこだったのか?

など体で覚えていくしかないです。

セックス本番

ここまで来たらいよいよチンチンをマ●コに挿入してセックス本番です。

・・・が、もはや言うまでもないです。

セックスで本当に大事なことは、今までの内容なんですから。

挿入までにいかに女の子を感じさせられるかがセックスの醍醐味であって、挿入後にやることは体位を変えたり、パンパン突いたり、変態プレイをしたり、個人の趣味趣向に左右される要素が多いので、そこに至るまでの過程こそが大事なんです。

セックスが上手い人とは、挿入後のことではなく、挿入前を指すんです。

セックスが下手な人ほど、ちょっとキスして、ちょっと胸を揉んで、ちょっとマ●コを舐めたらハイ挿入、そして一方的に射精して賢者タイム。

そんなので女の子が満足するわけないんです。

セフレにもなってくれやしません。

「こないだこんな下手くそな男がいてさ~」って女友達にネタとして笑い話にされかねないです。

処女でない限り過去にセックス経験はあって、そのときの気持ちよさ以上の気持ちよさを与えてあげる意識で取り組むんです。

彼女の中であなたが過去最高に気持ちいいのを更新してあげる感覚です。

  • 何でこの人にされると気持ち良いんだろう?
  • どうしてこんなに感じるの?
  • 初めてイッたかもしれない
  • もっと気持ちよくさせてほしい
  • もっとこの人とエッチがしたい
  • 一夜限りなんてそんなのヤダ

と思わせることです。

すると彼女はあなたにハマっていきます。

結果的にセフレにだってなってくれるということです。

セックスが上達するためのテクニックは、当サイトの他記事で実体験を基にした内容をたくさん書いていますし、マニュアル通りにやるんじゃなくて、それらを参考にしながらご自身が実践で経験するしか無いのです。

会社の仕事と違って、先輩や上級者の男が隣にいて手とり足とり教えてくれることなんて絶対無いですよね。

最初はみんな失敗するところから始まってますし、だからフラれるとか失敗を恐れてる暇があるなら、実際の女の子たちを口説くところから始まって、キスできるまですら慣れる経験が持てないとセックス上級者までの道は遠のくばかりですよ。