初めて会った女とラブホに行けたエッチなテクニック(ドライブ編)

S吉です!

サイト経由でナンパに成功できた菜々子ちゃんとの待ち合わせに行くと、そこに現れたのは細身で背が高い人でした。

プロフには160cmって書いてあったのに、170cm以上あるような子です。

そこウソ付くの!?って感じなんですけど彼女にとっては背が高いことがコンプレックスだったみたい。

体重でウソ付かれるよりよっぽどマシですけど、そんなこと気にするんだな~って思いつつ、彼女を車に乗せて、昼間だったこともあってまずはのんびりドライブです。

遠くまで連れていってしまえば自分で帰れませんし、僕の言うこと聞くしかないですからね。

そんなわけで湘南の海まで行きました。

そのときはまだ5月下旬だったので、ピーク時に比べれば人なんかほとんどいないです。

都会人の菜々子ちゃんから見ると海に来るのも数年ぶりだったらしくて、テンションも上がってきました。

しかし、それ以上にエッチな雰囲気もすでにセットアップしてあったので、ラブホにも行くことができたのですが、なぜそうなれたのか分かりますか?

ヒントは道中にありました。

ここで、その海に行ったまでの話をしましょう。

俺の車はマニュアル車だったんですけど、マニュアルのほうが女の子との距離が縮めやすいって知ってました?

というのも、多くの男がオートマ車ばかりなので彼女たちもマニュアル車は珍しくて、興味ある子なんかは運転中にあちこち触り始めるんです。

免許持ってる子でもマニュアル車に試乗したこともないので、何がどう違うんだろう?って不思議ながらに思うんです。

そこで、助手席に座っている菜々子ちゃんの右手をさりげなく持って、ギアを持たせます。

被せるようにして俺が手を乗っけてギアチェンジ!

2速、3速、4速、って感じで変えてやると、あたかも彼女もギアチェンジしたシミュレーションみたいになって喜んでくれました。

菜々子ちゃんが特別何かやるってわけじゃなくて完全に俺がコントロールしてるわけですが、共同作業みたいなだったり手を握れますよね。

スキンシップの回数を多く持つことで、体に触れられることへの抵抗感を無くしていく狙いです。

次に、首都高に乗っていきます。

高速だからギアチェンジすることもなくなって、彼女と手をつないだり、膝に置いたりして、スキンシップを取り続けます。

手のひらに指でくすぐったり、文字を書いて遊んだり、この辺で嫌がる子はその後の発展も難しいですが、「何やってんの~」「やだ~」とか拒絶感が少なければイケます。

海まで行くわけですから、まだ焦らずに、じゃれ合いを楽しみます。

やがて、海が見えてくると何もしなくても菜々子ちゃんのテンションは上がるんです。

駐車場に停めて、歩いて地元のお店を散歩します。

一休みってことでオーシャンビューのレストランに入ってのんびり過ごします。

海にはサーファーが何人かいるくらいです。

天気も良い日で景色も良かったです。

周りはカップルだらけなので、そういう場所にいるだけで自分たちもそういう気分にさせてくれます。

特に女の子は感情で揺り動かされるので、ウットリしがちですよね。

手を握っても「ウフフッ」という具合で拒絶もしてこなくなりました。

さすがいつの時代も海の存在は大きいですね~

すっかり彼女も恋人気分で過ごしていたように見えました。

夕方にもなると海の風もあって寒くなってきました。

暖房を入れた車の中から夕焼けを見て、助手席の菜々子ちゃんの肩を寄せて、頭と頭をくっつけます。

そのまま軽くキス。

もう拒否もせず受け入れてくれます。

海と夕焼けとキス、何かのフレーズに出てきそうなほど効果抜群です。

女の子があっさりと落ちてくれます。

キスしたまま菜々子ちゃんの太ももに手を置くと、「アハァ」と吐息が上がります。

スカートの中に手を忍ばせて、ストッキングの上からお腹の下のほうに手を運んでいくと、「ンンンッ・・・」と声を出そうにもキスの最中です。

目を開けると、菜々子ちゃんの目はトロンッとなっていて、「それじゃ足を開いてみようか」と言うと、おとなしく指示に従ってくれます。

スジに沿って指をなぞっていき、ちょうどクリトリスに当たったのか「ハァハァ・・・」と息遣いも荒くなり、

「ん? どうしたの?」

「ううん、何でもないけど・・・」

と言うのでもう一度同じ場所をなぞっていくと「ンハンッ、イヤン・・・」と辱めを受けていることを表に出してくる。

ストッキングはパツパツなので、上からなぞるだけを繰り返します。

「外から見られちゃうよぉ」

「別に良いでしょ(笑)」

「やだ~」

「んじゃもう止める?」

「・・・ここじゃイヤなの・・・アンン」

さらに弄りながら挑発ぎみに意地悪く言ってあげると

「ダメ~、ヤダッ、ここじゃ無理だよぉ~」

と言うので、

「んじゃ、お部屋のあるところ行く?」

と聞くと小さくうなづく菜々子ちゃん。

少し乱れた服を整えても、恥ずかしそうに顔は赤らめて急に黙っちゃう。

まるで罠に足が引っかかって動けなくなったウサギのように、あとはライオンが料理するだけの状態になったわけです。

ラブホテルに入ってからの菜々子ちゃんは、もう淫らな姿を見せてくれました。

さっき弄ったときからのものなのか、パンツにはおツユが湿って、ネチャっとしてたところに口をうずめると「アヒャッ」みたいなスケベな声を出して、マングリ返しをしてじっくりと楽しみます。

「もう我慢できないよぉ~」と言いながら俺のチ●ポをさすってきたので、顔をつかんでチ●ポにスリスリさせてやります。

「ほら、口を開けて」と促すと言うこと聞いてパックンチョ。

右から左からと頬に向けてズポズポ挿入して、無様でドスケベな顔をしています。

喉深くまで押し込んでやると、「ウゥゥ、ゴホッ」と苦しそうに悶える彼女の両手を縛って、ネットリじっくりエロい体を楽しみました。

そのあと、自分で脱ぐように指示したら1枚ずつ脱ぎ始めます。

実際に出会えたのはPCMAXです。【評価★5】




これまで最も実績があって女の子と出会えるための仕組みが上手く回っているんです。
それでは、実際にPCMAXを見ていきますね。


掲示板検索や日記検索など、女の子たちがアクションを起こした順に並んでいきます。

ピュア版とアダルト版でそれぞれあるので、目的によって選びましょう。





アダルトで検索するとたくさん出てきますね。
実際はモザイク掛かってませんからご安心ください。

オッパイを写してたり欲求不満が見えるエッチな女の子もこんなにいるんです。







分刻みでたくさんの女の子たちが出会いを求めて動いているのが分かりますね。

掲示板や日記などサイト内に写真をアップした時間が出る、ということは確実にリアルタイムでサイトを使っていることが分かります。

男性側もサイト内でアクションを起こすほど露出頻度が高まるので、女の子たちからも同じように見てもらえるということです。



編集部員からのコツとアドバイス



アフィリエイト


ここから狙いを定めてメッセージを送ったり、日記にコメントするなど交流することが最初の第一歩です。

ここが肝心です。

出会い系使っても会えなかったという人は最初から「今日会わない?」「エッチしようよ」と言ってるから会えないんです。


魚釣りに釣堀に来たのに、開始5分では釣れないのと同じです。 エッチな女の子だって普通の人間ですから、コミュニケーションが必要です。

女の子は感情で動く生き物なので、「何か分からないけど、この人良いかも」と思わせた相手にはキスだけで濡らすようにもなるんです。





そして、それはあなたの中にも彼女たちへの感情が高ぶってくるので、会ったときに話が弾みやすいですし、風俗なんかより発射した時が100倍気持ちいいんです。

なによりも風俗と違って無制限にセックスできますしね。

ちょっと面倒くさいですが彼女たちは会うまでの経緯を大事にしてたりするんです。
これがセフレになってくれるキッカケにも発展しやすい部分です。


そして最初はサイト上で相手に共感して仲良くなることです。

そのやり方は他の記事でうちの編集部員たちが実際に会ってきた方法やノウハウを散りばめていますので、そちらも参考にしてみてください。



PCMAXがオススメな理由
一般女性誌にも広告がバンバン出されていて、出会いの募集カキコミは毎日15万件もあるので、20~40代のアクティブな利用者が多いサイトで一度もトラブルや不満はなく使えてます。

無料登録で遊べますし、アダルトな出会い目的の女性も多いんです。

サイト運営側も相手が見つかりやすい工夫が多くて、最も優良サイトだとの声も出ています!


安全に法律に準ずるサイトのため、無料でも楽しむためには年齢認証が必要です。
先ほどの女の子たちも全員そこはしていることになります。
生年月日だけの確認なので、身分証の顔や名前は隠せばOKですよ。