1か月で12人と出会った!セフレを10人以上持つ男の体験談

S吉です!

どうやって出会いを探すのか、どうすればエッチができるのか、俺は年中こんなことばっかり考えてる20代を過ごしてきました。

当時は風俗店員をやっていたこともあって、男と女の欲求が交差する現場のすぐ近くにいたこともあって、毎日が悶々とした日々だったんです。

女の子とエッチできない時期も

基本的に店員だからって女の子たちとエッチするのはご法度。

彼女はあくまでもお店の商品やサービスとして存在しているので、丁重に扱うことが俺の役目でした。

こんなにたくさんの可愛らしい女の子たちがいる職場なのに、触ることも許されないというのは当時の自分としてはよく我慢したものだなと思います。

むしろ保護者的な存在で俺たちはいたので、心のケアとかそっちのほうですね。

辞めてからのほうがよっぽど自由にヤレてます(笑)

んなわけで当時は出会いサイトの物色がプライベートでの趣味だったこともあって、そっちでたくさんの子たちと会ってきたんです。

ある時期にものすごくアタックしまくってたことがあって、1か月で12人と会って、そのうち9人とセックス、そのうちの5人がセフレ化していたので職場で悶々とした気分を晴らしていました。

それだけいてもまた翌月には新しい子の発掘はしてました。

一度やり方が分かってしまうと、欲望のままにいくらでも新規開拓したくなるんですよね。

タダマンに慣れてくると、お金を払って風俗に来る人の気持ちが分からなくなってました。

他はどうか知りませんが、100分24000円とすると、女の子に14000円、店に1万円、みたいなバランスでした。

彼女たちは取り分がよくないと質の良い子が集まらなかったのがあったので。

風俗話は置いといて・・・

どうやってサイトで出会えたのか

で、あるときに「サイトでの出会い方を教えてほしい」って質問されたことがあって、俺のやり方としては「質より量」で攻めていただけです。

出会えないって言ってる人はこれが逆になってて「量より質」。

たぶん難しいです、それ。

サイトを見ていて質の良い女の子には、ライバルも大勢が押し寄せます。

1人の女の子に、30人の男とかがブワッとメッセ送ったりコメントしたりするのではバランスが保てないですよね。

他の男たちはどうか知りませんが、俺はセックス目的で使ってただけだったので、比較的ストライクゾーンを広げて活動してました。

年齢は20~40歳、バストサイズ不問、彼氏歴不問、美人度数2~9ならOK、みたいな感じです。

そりゃ1か月で12人会ったときは、カワイイのもいればブサイクなのもいましたよ。

でも、それは会ってからふるいに掛けていくだけです。

会わないことには何も始まらない。

会えないって言ってる人に見られたのは、サイトで検索してる時点で質の良い子、可愛い子、好みの子、を絞りすぎてるんです

「A子ちゃんは、ブサイクだからパス」

「B子ちゃんは、人妻だからパス」

「C子ちゃんは、フリーターだからパス」

「D子ちゃんは、ホクロが気になるからパス」

「E子ちゃんは、メンヘラっぽいからパス」

「F子ちゃんは、顔が長いからパス」

とか上から目線でイチイチNGを出してたらまず出会えないです。

あなたがイケると思ってメッセした子は、他の男もイケると思ってる可能性が高いですよね。

サイトでは幾らでも偽ることはできてしまうので、可愛いと思ってた子が、会ってみたら加工されてたこともありました。

ギャルっぽさがあるけど美人じゃん!って張り切ってアポ取れた子に、ドタキャンされたことだってあります。

でも、俺はめげませんでした。

はい、次!って感じです。

打つ球が少ないと、こういう風になれないので1つ1つダメージが大きく見えてしまいますが、千本ノックみたいに球が多いと1つ1つが大したことないって思えてくるんです。

逆に、NGと思ってた子が、会ってみると意外に良い子ちゃんで、キャラクター的に可愛く見えてくることだって多かったんです。

話をしてみると感情移入するのが人間なんだなって。

タケゾウさんも会う前と会った後では女の子のイメージが真逆になったと言ってました。

お堅い職業の女性と出会って、始めは拒否していたくせに助手席で自らオナニーをしだしてホテルに行こうと言われました。

女の子側から訪れる仕掛けも用意しておく

これは日常的にやっておく作業になるんですけど、日記を使います。

面倒なことだから普通の男はあまりやりたがりません。

それが逆に効果的っていう。

1つの記事で1000アクセスとかなることもあって女の子も見てくれてます。

コメントされるんです。

これは自分から検索していく手間がなくなって、罠を仕掛けておくイメージです。

サイト内だけの人が見られる日記なので、エッチな気分を求める女子から来ることも普通にあります。

コメント返しをして仲良くなってアドレス交換して、みたいに。

アダルトじゃないのに、結果的にセックスしてた話も参考になるんじゃないかな。

彼氏持ちの女子大生とのセックス実話。最後には自ら腰を振ってくるエロスイッチ全開でした。

リピート、つまりセフレになってくれる

最初に数打った子たちの中からふるいに掛けられていくと、何人か残っていきます。

特別に美人ばかりじゃなくても先述したみたいに普通に良い子や体の相性が合う子とは次も会うように仕向けていきます。

2回3回と会うようになると彼女も徐々に依存し始めるので、向こうから「会いたい」と言ってきます。

リピーターになってくれるっていう。

つまり、サイトで新規開拓する手間も減らしていけるようになるわけです。

セフレが10人もいると、スケジュール調整が難しい(笑)

でも、それも別に黙っておく義務も無いし、バレたらバレたで良いや、くらいなもんです。

なので、最初こそとにかく数を打ちまくって、目を磨いていくんです。

やっていくと、

「こういうケースは良くなかった」

「あ、これは本当にNGなやつだ」

「こう来たら、こう返せば、こう来るはず」

みたいなのを体が覚えてくるので、ますます検索スピードも上がっていきます。

最初の1回目から簡単に出会えることはなくても、失敗が後の役に立ったりします。

好みや趣向はみんな違うので、まずはどういうところが狙い目なのか実際に見てみると分かりやすいと思いますよ!

実際に出会えたのはPCMAXです。【評価★5】




これまで最も実績があって女の子と出会えるための仕組みが上手く回っているんです。
それでは、実際にPCMAXを見ていきますね。


掲示板検索や日記検索など、女の子たちがアクションを起こした順に並んでいきます。

ピュア版とアダルト版でそれぞれあるので、目的によって選びましょう。





アダルトで検索するとたくさん出てきますね。
実際はモザイク掛かってませんからご安心ください。

オッパイを写してたり欲求不満が見えるエッチな女の子もこんなにいるんです。







分刻みでたくさんの女の子たちが出会いを求めて動いているのが分かりますね。

掲示板や日記などサイト内に写真をアップした時間が出る、ということは確実にリアルタイムでサイトを使っていることが分かります。

男性側もサイト内でアクションを起こすほど露出頻度が高まるので、女の子たちからも同じように見てもらえるということです。



編集部員からのコツとアドバイス



アフィリエイト


ここから狙いを定めてメッセージを送ったり、日記にコメントするなど交流することが最初の第一歩です。

ここが肝心です。

出会い系使っても会えなかったという人は最初から「今日会わない?」「エッチしようよ」と言ってるから会えないんです。


魚釣りに釣堀に来たのに、開始5分では釣れないのと同じです。 エッチな女の子だって普通の人間ですから、コミュニケーションが必要です。

女の子は感情で動く生き物なので、「何か分からないけど、この人良いかも」と思わせた相手にはキスだけで濡らすようにもなるんです。





そして、それはあなたの中にも彼女たちへの感情が高ぶってくるので、会ったときに話が弾みやすいですし、風俗なんかより発射した時が100倍気持ちいいんです。

なによりも風俗と違って無制限にセックスできますしね。

ちょっと面倒くさいですが彼女たちは会うまでの経緯を大事にしてたりするんです。
これがセフレになってくれるキッカケにも発展しやすい部分です。


そして最初はサイト上で相手に共感して仲良くなることです。

そのやり方は他の記事でうちの編集部員たちが実際に会ってきた方法やノウハウを散りばめていますので、そちらも参考にしてみてください。



PCMAXがオススメな理由
一般女性誌にも広告がバンバン出されていて、出会いの募集カキコミは毎日15万件もあるので、20~40代のアクティブな利用者が多いサイトで一度もトラブルや不満はなく使えてます。

無料登録で遊べますし、アダルトな出会い目的の女性も多いんです。

サイト運営側も相手が見つかりやすい工夫が多くて、最も優良サイトだとの声も出ています!


安全に法律に準ずるサイトのため、無料でも楽しむためには年齢認証が必要です。
先ほどの女の子たちも全員そこはしていることになります。
生年月日だけの確認なので、身分証の顔や名前は隠せばOKですよ。