バツイチ28歳女性がキスで濡れてオナニーを始めた

タケゾウです。

サイトを使い始めの頃ですが、経験豊富そうなアラサー女性を探していた時、1人の人が気になりました。

彼女の名前はカリンさん28歳。

バツイチ独身の薬剤師。

彼女が載せている写メはボヤかされてたり、遠目にしか撮られてないものばかりでよく分からない。

固い職業で自分で生きていけることはできる女性でも、私生活で男に困らないなんてことはないようで、彼女の日記を読んでいくと、ファンタジックな内容が多い。

まるで夢の中にいるかのような話題が書かれていて、エロともかけ離れているんです。

不思議ちゃん系の印象。

賢そうな人ほど、裏の顔は謎めいているのかというところに興味を持ったんです。

男はこういう精神的にちょっと・・・みたいな子を敬遠しがちなので、それほどコメントも付いてない。

カリンさんを狙ってみることにしました。

と言っても、彼女の日記に比べて俺の日記はエロモードも半分くらい入ってました。

なので俺は彼女の日記にコメントはするものの至って普通の内容で書いて、お返しにと彼女が俺の日記に訪れたときはエロ系っていう。

なんと、そんな中の記事にコメントをしてきたんです。

これはイケると直感し、二度ほどコメント返しをした後に、メッセージも送ります。

「こんなエッチな記事で気を遣ってコメントされなくても大丈夫ですから^^;」

みたいなフォローを1つ入れてからは彼女は気が楽になったのか、その後もお互いの日記を往復する日々。

2週間ほどして、いよいよ責め時だなと判断して、良かったらアドレス交換しないかという内容とアドレスを送ると、その夜、メールが届いたのです。

「よっしゃ!デカした!」と俺は自分を褒めました。

まだサイトに慣れてなかった頃の俺としては十分な前進でした。

さらに10日ほど、毎日メールをする関係になってある日のことでした。

彼女のほうから「もしご迷惑じゃなかったら食事でもどうですか?」とお誘いがやってきたのです。

「良いんですか? スケジュールとか待ち合わせ場所の話とかしたいので、一度電話で話しませんか?」

「はい、了解です^^」

ドキドキしながらも、その後すぐに彼女に電話をかけました。

彼女はゆっくりした口調で応答していた。

暗いわけではなく、これが彼女のペースなのかと理解して、10分くらい話した頃に、会う当日の話になり、

「もしかしたらカリンさんに抱きついたりするかもしれませんよ?(笑)」

「う~ん、まだ最初なのでそういうのはナシで(笑)」

とアッサリ拒否されました・・・

まぁ後々で良いかと諦めて、待ち合わせ当日がやってきました。

イメージ通りというか、意外だったというか、彼女の服装はナチュラリィでヒラヒラスカートで森ガールを連想させるかのようなメルヘンなファッションでした。

バツイチ薬剤師ってことで、もっと大人でシックなイメージを思い浮かべていたもので。

まぁ、名前も「カリン」とか付けてるところからも、不思議ちゃんっぽくはあるのかと納得しながら車に乗せて食事に行くことに。

ここまで3週間くらいメールや電話で話はしてきたこともあって、そこそこ盛り上がり、1400円のディナーを済まして、車に乗って、ドライブしていたらちょうど赤信号のところで急に、

「もうちょっと一緒にいたいです」

とキスをしてきたんです。

もうね、イメージと逆のことばかりされる人だったので、俺は堂々としていながらも内心ドキドキでした。

路肩に停めて、見つめ合い、呼吸も乱れてきて、変なムードが漂い、気が付いたら目を閉じて熱いキスをしていました。

俺の頬をつかんできて、カリンさんが主導権を握っていました。

もはや落ち着いてなどいられず、ニットの下から手を伸ばして、彼女の胸元に手を入れて、締まったブラジャーをさすっていきます。

推定Cカップほど。

すると彼女はスイッチが入ったのか、助手席でいきなりスカートの上から右手でオナニーを始めて、シートも濡れてくるほどに。

そして、俺の目を見て、「したいです・・・」と笑顔で言ってきたんです。

なんだと!?

事前に断っていたくせに、いざ会うとエッチを求めてくるのかと理解。

女はワカラン(笑)

俺はすぐさまエンジンを掛けて、肉棒がジーンズの下でギンギンになって苦しいのを我慢しながらラブホへ向かい、彼女はずっとオナニーをして喘ぎ声を出し始めます。

もともとヤル予定が無かったので、その近くのラブホをカーナビで探すところから。

これなら事前に調べておけば良かった~と後悔。

10分後、到着して、部屋に入るやいなや、玄関から強く抱きしめあって、ベロンベロンにキスをして、スカートの中に入ると、さっきまでずっとオナニーされてたのでネチャネチャしています。

太ももにまでマン汁がツツツッと流れてる始末。

彼女の表情は見えませんが、赤らめていることだろう。

パンツをズラして、太ももから舐めまわしていくと、「アン、アン、アン、」と。

後日会ったときには人が少ないお店に入って、こっそりとオッパイ見させるとか徐々に恥ずかしいこともさせていきました。

正直、最初会ったときは俺の予想を覆されることの繰り返しな日だったのをよく覚えているんです。

私生活ではバツイチ独身、仕事はお堅そうな薬剤師、サイトではファンタジックな不思議ちゃんキャラ、と会うまではエッチとは程遠い印象を持っていた彼女が、会ってからはリードしてドスケベキャラに変貌したわけです。

好きものというか、欲求不満が爆発するとこうも変態女になるのかと。

どんな女でも、会ってみるまでは分からないというのを身をもって知った1件だったなと、今思い出しても良い夜だった~といったところです。

実際に出会えたのはPCMAXです。【評価★5】




これまで最も実績があって女の子と出会えるための仕組みが上手く回っているんです。
それでは、実際にPCMAXを見ていきますね。


掲示板検索や日記検索など、女の子たちがアクションを起こした順に並んでいきます。

ピュア版とアダルト版でそれぞれあるので、目的によって選びましょう。





アダルトで検索するとたくさん出てきますね。
実際はモザイク掛かってませんからご安心ください。

オッパイを写してたり欲求不満が見えるエッチな女の子もこんなにいるんです。







分刻みでたくさんの女の子たちが出会いを求めて動いているのが分かりますね。

掲示板や日記などサイト内に写真をアップした時間が出る、ということは確実にリアルタイムでサイトを使っていることが分かります。

男性側もサイト内でアクションを起こすほど露出頻度が高まるので、女の子たちからも同じように見てもらえるということです。



編集部員からのコツとアドバイス



アフィリエイト


ここから狙いを定めてメッセージを送ったり、日記にコメントするなど交流することが最初の第一歩です。

ここが肝心です。

出会い系使っても会えなかったという人は最初から「今日会わない?」「エッチしようよ」と言ってるから会えないんです。


魚釣りに釣堀に来たのに、開始5分では釣れないのと同じです。 エッチな女の子だって普通の人間ですから、コミュニケーションが必要です。

女の子は感情で動く生き物なので、「何か分からないけど、この人良いかも」と思わせた相手にはキスだけで濡らすようにもなるんです。





そして、それはあなたの中にも彼女たちへの感情が高ぶってくるので、会ったときに話が弾みやすいですし、風俗なんかより発射した時が100倍気持ちいいんです。

なによりも風俗と違って無制限にセックスできますしね。

ちょっと面倒くさいですが彼女たちは会うまでの経緯を大事にしてたりするんです。
これがセフレになってくれるキッカケにも発展しやすい部分です。


そして最初はサイト上で相手に共感して仲良くなることです。

そのやり方は他の記事でうちの編集部員たちが実際に会ってきた方法やノウハウを散りばめていますので、そちらも参考にしてみてください。



PCMAXがオススメな理由
一般女性誌にも広告がバンバン出されていて、出会いの募集カキコミは毎日15万件もあるので、20~40代のアクティブな利用者が多いサイトで一度もトラブルや不満はなく使えてます。

無料登録で遊べますし、アダルトな出会い目的の女性も多いんです。

サイト運営側も相手が見つかりやすい工夫が多くて、最も優良サイトだとの声も出ています!


安全に法律に準ずるサイトのため、無料でも楽しむためには年齢認証が必要です。
先ほどの女の子たちも全員そこはしていることになります。
生年月日だけの確認なので、身分証の顔や名前は隠せばOKですよ。