実は、女のほうがエロいということはあまり知られてない

タケゾウです。

俺が今まで経験してきた直感で言えることがあります。

それは、「女の子のほうが圧倒的にエロい」ってこと。

世間一般的にはこのイメージは全然なくて、「エロい」「スケベ」なんて言葉は男ばっかり使われてたりしますが、実は違うんです。

どんなにお嬢様育ちで、汚れもなく、曲がったことが嫌いで、清楚な雰囲気をまとっている女性でも、子孫を残すときにはセックスが必ず行われるわけです。

それが生物としての本能だから。

セックスは、種の繁栄のために全ての生き物がやってるわけで、それを拒否する存在のほうが本能を否定することになりますよね。

ただ、本能としては「男が狩るもの」「女は惹きつけるもの」とあるので、女性から誘うこともまたできない性質がある。

つまり、セックスをするには男から一方的に狩ることが真理になってるわけですね。

女性の中には恥ずかしさがあるので、表立って精力をアピールすることはできない。

それは内にこもるわけで、溜まりに溜まると爆発することもあるんです。

「私だってヤリたい、ヤリたいんだ!」

「メッチャクチャに犯されたい!」

「しゃぶりまくりたい!」

「後ろからバコバコ突かれたい!」

「クリトリスを触ってほしい!」

「思いきり足を広げて見てほしい!」

ほぼ100%の女性が内なる部分でこんなドスケベ感情を秘めていたりするんです。

羞恥心がそれをセーブしている。

女同士も本来はみなライバルです。

人間社会では、夫が1人とルールが定められているので、良い男を、他の女に取られまいというのが本能にあります。

だからこそ羞恥心のセーブによって秘めるように作られているわけ。

その壁となるものを打ち崩してあげると、女性は秘めたスケベ心が解放されて、動物的なメスそのもののようにビクンビクンに感じまくるんです。

感じない女性なんて絶対いません。

どんなにツンツンした性格でセックスを拒否する子だって、オッパイ揉んでクリトリスを弄れば、「ハァハァ、イクッ、イクッ~」って喘ぎ声を上げて全員濡らします。

さらに興味や好奇心が旺盛な子にもなると、下ネタ好き、襲われ願望、SMプレイ、青姦、恥部の自撮り、露出癖、などエスカレートしてるのはよく見られますよね。

男が引くくらいに変態な女の子もたくさん見てきましたから、解放されたときの彼女たちのエロパワーは、男の比にならないレベルです。

それを引き出すまでがハードル高かったりするから、男としては面倒なこと、この上ない(笑)

でも、経験から1つ言えることとして、

  • 積極的な押しが弱い男
  • いい人を演じる男
  • 優しさだけの男
  • だらしない男
  • 経験の少ない男

には女性たちの羞恥心を崩すことが下手くそだから、エロパワーを引き出すこともできず、結果的にセックスができないってわけ。

そして、「あいつ鈍感だから」「あの子は色気が無い」「一度誘ったけど断られた」みたいに女の子のせいにして、ネガティブに陥ったり、その場から避けたりしがちですよね。

ますます経験値が乏しくなって、次のワンステップが億劫になって、普通の恋愛もできなくなるっていう負のループ。

あとちょっと踏ん張ればセックスまで持ち込めたかもしれないのに、っていうチャンスを自ら逃したこともあるかもなんですよ。

男は勢い(イキオイ)です。

冷静に机上の空論で、どうすればいい、こうしたらいい、なんて理屈は女の子には通用しません。

彼女たちは、感情で動く生き物だからです。

その時その時にどう感じたかで全てがひっくり返るくらいなことが起こります。

狙いを定めたのなら、すぐ会うこともできないなら、メールやLINEでその子に安心感、信頼感、共感、を与えていって心の壁を崩しておくんです。

心の距離が近づけば、2回3回と会っていって、イケる!と直感した時が来たらキスする、エロトークする、感情を刺激する、ホテルに誘う、などして行動に移すんです。

じゃないといつまで経ってもただの仲良し君。

「男友達」「相談役」「助け人」「都合の良い人」と一度決めつけられたら、そこから挽回することのほうが難しくなるだけです。

早い段階から自分を「セックスの対象」という意識を植え付けておかないと、ボーっとしてる間に他のオオカミに持っていかれるだけです。

弱肉強食ってそういうことですよ。

1回誘ってダメだったら、その女性の中にあなたは「セックスの対象じゃない」と決まるわけでもないです。

押して押して押しまくるんです。

「どうしても君とセックスがしたいんだ!」という情熱が彼女を濡らします。

一度セックスしてしまえば、逆に彼女のほうからあなたのチ●ポが欲しくなって近づいてくるようにすらなるんです。

そこからはオッパイ揉みまくるでも、マングリ返しでも、無理やりイラマチオでも、立ちバックでも、騎乗位でも好きなように料理したら良いんです。

最初の1回さえ心の壁を乗り越えてしまえば、2回3回とリピートしてホテル通いもできるようになります。

好きなときに性衝動を発散できるんです。

その頃にはLINEで

「今日はバッコバコに犯すからね」

「やだ~ 恥ずかしい、でも楽しみ~」

みたいな軽いノリでヤリまくれるようになってます。

どんなにお嬢さんだろうと、清楚系だろうと、本当のセックスの味を知ってしまうと虜になってしまうんです。

今までに出会った子たちの中にも、調教されることによって垢ぬけて、性格も明るくなって、ドスケベになった子が何人もいます。

経験数を高めていって、楽しい人生を送りましょう!

実際に出会えたのはPCMAXです。【評価★5】




これまで最も実績があって女の子と出会えるための仕組みが上手く回っているんです。
それでは、実際にPCMAXを見ていきますね。


掲示板検索や日記検索など、女の子たちがアクションを起こした順に並んでいきます。

ピュア版とアダルト版でそれぞれあるので、目的によって選びましょう。





アダルトで検索するとたくさん出てきますね。
実際はモザイク掛かってませんからご安心ください。

オッパイを写してたり欲求不満が見えるエッチな女の子もこんなにいるんです。







分刻みでたくさんの女の子たちが出会いを求めて動いているのが分かりますね。

掲示板や日記などサイト内に写真をアップした時間が出る、ということは確実にリアルタイムでサイトを使っていることが分かります。

男性側もサイト内でアクションを起こすほど露出頻度が高まるので、女の子たちからも同じように見てもらえるということです。



編集部員からのコツとアドバイス



アフィリエイト


ここから狙いを定めてメッセージを送ったり、日記にコメントするなど交流することが最初の第一歩です。

ここが肝心です。

出会い系使っても会えなかったという人は最初から「今日会わない?」「エッチしようよ」と言ってるから会えないんです。


魚釣りに釣堀に来たのに、開始5分では釣れないのと同じです。 エッチな女の子だって普通の人間ですから、コミュニケーションが必要です。

女の子は感情で動く生き物なので、「何か分からないけど、この人良いかも」と思わせた相手にはキスだけで濡らすようにもなるんです。





そして、それはあなたの中にも彼女たちへの感情が高ぶってくるので、会ったときに話が弾みやすいですし、風俗なんかより発射した時が100倍気持ちいいんです。

なによりも風俗と違って無制限にセックスできますしね。

ちょっと面倒くさいですが彼女たちは会うまでの経緯を大事にしてたりするんです。
これがセフレになってくれるキッカケにも発展しやすい部分です。


そして最初はサイト上で相手に共感して仲良くなることです。

そのやり方は他の記事でうちの編集部員たちが実際に会ってきた方法やノウハウを散りばめていますので、そちらも参考にしてみてください。



PCMAXがオススメな理由
一般女性誌にも広告がバンバン出されていて、出会いの募集カキコミは毎日15万件もあるので、20~40代のアクティブな利用者が多いサイトで一度もトラブルや不満はなく使えてます。

無料登録で遊べますし、アダルトな出会い目的の女性も多いんです。

サイト運営側も相手が見つかりやすい工夫が多くて、最も優良サイトだとの声も出ています!


安全に法律に準ずるサイトのため、無料でも楽しむためには年齢認証が必要です。
先ほどの女の子たちも全員そこはしていることになります。
生年月日だけの確認なので、身分証の顔や名前は隠せばOKですよ。