セックス経験が浅い女に変態教育して快楽に溺れさせる

タケゾウです。

滅多にないけど時折訪れる「セックス経験が浅い女」はレア物です。

まるでマグロ漁船に乗っていて、大物を釣り上げたような感覚を覚えます。

セックスの上手さ、これは男でも女でも年齢が若い子ばかりじゃなくて、単純に経験数の多さがものを言います。

1人の相手しか経験が無ければ、性癖や体位が偏ってくるので、他を知らずに成長します。

チ●コの大きさ、愛撫のされ方、クンニの舐められ方、相手が喜ぶツボ、イクまでのタイミング、などなど全てにおいて人によって変わりますよね。

これがワンパターンしか知ることができないというのは勿体ない。

30人と経験があれば、その平均値をいつの間にか知っていくことができるので、それが余裕の表れとなってどんな相手にでも引けを取らずに、弱気にならずにドンと構えることができます。

AVや風俗しか知らない男は、女の子の感情を全く知らずに、あくまでも接客業として接してくるので、そこに心はありません。

女の子が本当に濡れるというのは、体じゃなくて心から来るものだったりします。

さらに一般の子相手だと、セックスに至るまでの経緯が必要になるので、女の子が喜ぶ言葉、何気ない仕草、欲しがってる合図、キスのタイミング、などを把握できません。

経験が少ないと、キスもギコちなくなり、どうやって胸を揉めば感じてくれるのか、ブラジャーを片手で外すにはどうするのか、アソコの責め方は正しいのか、など体で覚える機会が少ないわけです。

実際に100人の女を抱いてる人とじゃ雲泥の差です。

それは「こいつ、下手だな~」って感じで女の子にもバレてます。

そして、これはセックス経験が浅い女の子であっても当てはまるわけです。

本当の快楽を知らずに25歳30歳まで歳を取ってる子も普通に多いです。

彼氏1人と10年付き合ってるだとか、育ちが上品だったり、女子高から女だらけの職場だったり、そんな女の子たちは経験する機会がほとんどないままです。

あるときから周りの女友達の中で経験豊富な垢ぬけた子が現れたりして、未熟でウブな子は小馬鹿にされたりするんです。

そうなるのが嫌で「私だって経験あるのよ」と言いたいがために経験数を上げようとして出会い系に登録してくるんですね。

俺が今思い出した子で、21歳カフェ店員のアサミちゃんがそうでした。

アサミちゃんは、田舎から上京して服飾の専門学校に通い、生活のためにカフェのバイト漬けで、田舎にいた頃に彼氏が1人いただけでした。

専門学校は女だらけの環境で、カフェも男性は店長だけの環境だったので、男と出会うきっかけが無いっていう。

それでも性に敏感な年頃だったこともあってか前向きにサイトを使ってたようです。

アサミちゃんと知り合い、二度目のデートのときにホテルに向かいました。

ここで今までの性体験を聞いていきます。

「オナニーはどれくらい?」

「週1回くらいです」

「電マ使ったことある?」

「無いですぅ」

「コスプレ着たことは?」

「無いですぅ」

「目隠しプレイは?」

「したこと無いですぅ」

「縄で縛られたりは?」

「きゃぁ、無いですってば~」

もうワクワクが止まらない状態でしたね。この子をどうやって調教していこうか考えただけでヨダレものの興奮でした。

こんな談笑をしながら彼女のオッパイを揉みながら、感じ始めたらパンツをずらして指をねじこむ。

「アァ、アァン、ンン・・・」

少しずつアソコも湿りだして、俺の肉棒をさすり始めます。

「これ、欲しいの?」

「うん・・・」

「チ●コが欲しいって言ってごらん」

「キャッ、恥ずかしいですぅ・・・チ●コが欲しいです・・・」

ボロンッと出すと、興味深そうに嬉しそうに見つめてくるアサミちゃん。

カワイらしくペロペロ舐め始めて、俺は電マでアソコを縦の筋にブイィーンと刺激していきます。

初めての電マ攻撃で、体をビクンビクンさせます。

「ほら、ちゃんとチ●コ舐めるの。サボっちゃダメだよ」

「だってぇ、ンヒィ、ここが気持ち・・・」

「どこだって?」

「マ●コが気持ち良いのぉ・・・」

と軽くアヘ顔を見せながら肉棒をしっかりつかんでるアサミちゃんにさらなら追い打ち。

目隠しをさせて、真っ暗で不安な状態にしておいてからのマングリ返しでパックリ濡れ濡れのマ●コに向かって電マでクリトリスを刺激します。

「アハンッ、ヤダッ、ンギィ、アアン・・・」

悶え苦しむ様子を楽しんでいると、ブシュッと汁が溢れてきます。

「イッちゃったよ・・・」

まだまだこれじゃ終わりません。乳首を強くひねったり、バイブをアソコに挿入したり、虐めていきます。

「ダメ、もうダメ、アアン、イク、イク~」

まだ俺はイッてもないのに、1人ですっかり果てたようです。

そこから彼女は休むことなく俺にズボズボに犯されていき、終わると途中で意識が飛びかけたとか言ってました。

よっぽど気持ちよかったのか、自分でも玩具を買ってきてお風呂で弄るようになりました。

こうやって少しずつ体に慣らしていくことで、彼女は快楽を覚えてしまい、その後も何度か会って調教してあげました。

大人の階段ってものを頭と体でしっかり昇っていくんです。

3回も会う頃になると、舌を出してハァハァと犬のように舐めてくるようになります。

開発された女はもはや自分のいいなり状態です。

普通のセックスじゃ物足りなくなります。

彼女たちは学校や仕事に行っても、ふとした光景を見るたびにアソコへの刺激が忘れられなくなる、そんな中毒みたいになるんですよね。

実際に出会えたのはPCMAXです。【評価★5】




これまで最も実績があって女の子と出会えるための仕組みが上手く回っているんです。
それでは、実際にPCMAXを見ていきますね。


掲示板検索や日記検索など、女の子たちがアクションを起こした順に並んでいきます。

ピュア版とアダルト版でそれぞれあるので、目的によって選びましょう。





アダルトで検索するとたくさん出てきますね。
実際はモザイク掛かってませんからご安心ください。

オッパイを写してたり欲求不満が見えるエッチな女の子もこんなにいるんです。







分刻みでたくさんの女の子たちが出会いを求めて動いているのが分かりますね。

掲示板や日記などサイト内に写真をアップした時間が出る、ということは確実にリアルタイムでサイトを使っていることが分かります。

男性側もサイト内でアクションを起こすほど露出頻度が高まるので、女の子たちからも同じように見てもらえるということです。



編集部員からのコツとアドバイス



アフィリエイト


ここから狙いを定めてメッセージを送ったり、日記にコメントするなど交流することが最初の第一歩です。

ここが肝心です。

出会い系使っても会えなかったという人は最初から「今日会わない?」「エッチしようよ」と言ってるから会えないんです。


魚釣りに釣堀に来たのに、開始5分では釣れないのと同じです。 エッチな女の子だって普通の人間ですから、コミュニケーションが必要です。

女の子は感情で動く生き物なので、「何か分からないけど、この人良いかも」と思わせた相手にはキスだけで濡らすようにもなるんです。





そして、それはあなたの中にも彼女たちへの感情が高ぶってくるので、会ったときに話が弾みやすいですし、風俗なんかより発射した時が100倍気持ちいいんです。

なによりも風俗と違って無制限にセックスできますしね。

ちょっと面倒くさいですが彼女たちは会うまでの経緯を大事にしてたりするんです。
これがセフレになってくれるキッカケにも発展しやすい部分です。


そして最初はサイト上で相手に共感して仲良くなることです。

そのやり方は他の記事でうちの編集部員たちが実際に会ってきた方法やノウハウを散りばめていますので、そちらも参考にしてみてください。



PCMAXがオススメな理由
一般女性誌にも広告がバンバン出されていて、出会いの募集カキコミは毎日15万件もあるので、20~40代のアクティブな利用者が多いサイトで一度もトラブルや不満はなく使えてます。

無料登録で遊べますし、アダルトな出会い目的の女性も多いんです。

サイト運営側も相手が見つかりやすい工夫が多くて、最も優良サイトだとの声も出ています!


安全に法律に準ずるサイトのため、無料でも楽しむためには年齢認証が必要です。
先ほどの女の子たちも全員そこはしていることになります。
生年月日だけの確認なので、身分証の顔や名前は隠せばOKですよ。